Tag Archive: ErFeO3

磁石中の”カエルの合唱”を発見! – スピン波を介した動的な協力現象

academist Journal に研究コラムが掲載 日常で聞くことは珍しくなりましたが、カエルは春になると他の仲間と鳴き交わす行動をとることが知られています。ホタルの集団も一斉に明滅を繰り返すことが知られています。このようなカエルの合唱やホタルの集団発光のように、集団全体で同じ行動をとる現象は協力現象と呼ばれ、世界中に多く存在しています。カエルは声で、ホタルは光で、他の仲間と協力していると考えられます。 実は磁石も同様に協力現象の産物です。磁石を構成する元素の一部は、それぞれがスピンと呼ばれる小さな磁石を持っています。磁石で遊んだ経験はあるでしょうか? 2つの磁石を近づけると、それらは同じ方向や逆方向に揃おうとします。それと同じように、磁石中の元素も、隣同士など近距離…
Read more

磁石中の『カエルの合唱』の観測に成功 ― 量子コンピュータ開発や熱光エネルギー変換に向けて ―

ErFeO3(エルビウムオルソフェライト)という磁石の中で、Er(エルビウム)元素が隣のEr元素にだけ『声』が届く『伝言ゲーム』をするのではなく、遠くのEr元素にまで『声』が届くことで『合唱』することを世界で初めて観測 Erが発する『声』の周波数を、『声』を伝えるFe(鉄)元素の周波数に一致させようとすると、2つの周波数が反発し合うことを発見 『合唱』の証拠として、反発の大きさがEr密度の平方根に比例することを確認 今後、量子コンピュータ実用化のためのノイズ抑制技術や熱から光へのエネルギー変換技術の開発を目指す Full text PDF版 大阪大学ResOU 日本の研究.com Original article X. Li, M. Bamba, N. Yuan, Q. …
Read more